商店でどれものカードが使用可能なのではありません。:クレカ会社の加入店舗は多くの場合ときには5を超えるクレジットカード会社と契約しているわけですがみなの加盟店で一切のブランドの使用可能なのではありません。つまり以前からある店舗の場合はJCBマークの付いているカードしか決済不可な場合もあるし、今日日の商店なんかではビザやマスター名前の入ったクレジットカードしか決済不可な場面もあります。ディスカバーカードなんかのクレカ会社ならば、よけいに切れない商店が増えると思います。どのカードが切れるかをいかなる方法で見分けるといいの?「ならどのような方法でどの印の所有カードが使えるかを見たらいいのか?」といっても、ちゃんと理解するにはそこの担当者に尋ねてみるのみ、ていうのが正直なところ正解。でも大多数の商店や料亭には加入店の入口のスペースに決済可能なカードのサインがプリントされたシールが貼り付けられているから「そっか、ここのお店ではVISAカードが決済できるんですね」というふうに一目でわかるようにされているから確認してもらえると思います。しかしながら、しっかりと案内が行き届いていない加入店で使うときには、ロゴステッカーが掲げられている店舗でも「今はそのクレカは使えません」などの対応を受けてしまうなどということもあるのであたふたしてしまうことだけは避けたいところです。可能な限りより多くの加入店で使用できるようにしたいのならば、異なる種類のロゴ(欧米圏の印)が入っている一般的なアメックス、等のクレカを2枚以上申し込んでおくようにお勧めします(例:UCカードをすでに持っているならその次はディスカバーカードブランドのカードを申し込むとする等)。国内においてはVISAカード、マスターカード、JCBの3つの契約が書いてあるクレカをそれぞれ携帯しておけば、返済状況に問題がない限り日本各地の加入店でどれかしらのカードを提示することが可能です。カードを使って有効にポイント取得を目標とするのであればできる限り早めにどんな場面でも支払い可能なクレジットカードを作っておいて損はないと思います。