破産許諾をもらった際、どういう種類の失うもの、デメリットがあるのかは自己破産申請を検討してみた方にとって九分九厘始まりに知っておきたいデータだと思います。下に破産宣告者が避けられない不利益に関連する事柄を列挙形式にしておこうと思います。・役場の破産者リストに記録されます。※公の身分書を発給するための資料ですので普通の人はチェックすることができないはずですし、免責の承認がおりれば消されます。・官報上で記載される。※通常の新聞とは違い通常の書籍店では扱われませんし大抵の方々には関連のないことであると言えます。・公法上におけるライセンスの制限。※破産宣告者になったなら法律家、司法書士、税理士などといった資格者は資格停止になって労働が許されなくなります。・私法上の資格制限。※自己破産者は後見、保証人、遺言執行者になることが許されません。他にも合名で立ち上げた会社、合資で立ち上げた会社のワーカーと株式形式の企業、有限企業の監査担当役については退任根拠とされます。・各種ローンやクレジットを使うことができなくなります。加えて、破産管財人事件のとき下に記載する制限が追加されます。・自分の資産を自由に所有、売却することができなくなります。・破産管財人や貸し手団体の要請により詳しい解説をする義務があります。・許しなしで住む場所の移動や長い期間の遠征をすることができなくなります。・法が緊急であると許した際には身柄を拘束されるときがありうるのです。・送付物は破産管財をする人に配達され、破産管財役は郵便物を開けることが許されます。他の自己破産人の不便性に関して、しばしば誤認されている事項をリストにしておきました。1謄本および住民票では記載されません。2企業は破産を要因として退職させることは不可能です。※原則、当人から告白しないかぎり他人に気づかれる可能性はないでしょう。3選挙の権利や被選挙権などの権利はそのままです。4保証人でなければ家族に支払い責任などはありません。5必要最小限の生活に欠かせない調度品(ノートPCTVを含む)服などは差し押さえ対象外です。破産者の困難に関してリストアップしました。破産申請をする場合は借金は無かったことになるとしても、今まで挙げた不利益も存在します。破産申請を考える上でメリットも損失じっくりと熟慮した方がよいといえます。