クレジットカードを店頭で利用する場合、一度は経験したことがおありかと察しますが、レジのスタッフが理解していないためにいったいどの明細をカード利用者のもとへ渡して良いのか迷っていることがおありかと思います。山内惠介

というのは、クレジットを使うと、マシンより複数枚のレシートが印字されるからであり、この明細のどちらを利用者側へ差し出したら良いのかわかりにくいということがあります。テレフォンセックスの伝道師

複数枚の使用レシートの説明)上記の複数枚のレシートの正体とは何なのかを要約すると下の通りです。本や旅行の日記

1利用者へ渡すべき利用明細。

2お店の控え利用明細。

3クレジットカード会社控え利用レシート(署名をする紙)。

普通は当然利用者のもとへ渡す用の明細の方を渡すのが正しいのですがたまに別の使用レシートを利用者の方へミスして渡してしまったというケースや、署名された方の使用レシート自体を渡すというという大きなミスさえもあるのです。

特に時間給の従業員や、普段からクレカが使われることのないショップでカードを利用する際こういったレジ担当者の焦りが体験できるのではないでしょうか(笑)。

仮に店舗従業員が上述のようにレシートというものを渡してきた暁には、冷静に「間違ってますよ」などと言ってください。