自動車の(全損)とは名称の通り全部が壊れてしまった場合で言い換えれば走行が出来ないという状況の乗用車として機能を果たせなくなった際に判断されますが、自動車保険での【全損】は少なからず異なった意味合いが含まれていたりします。

車の保険の場合では乗用車が損害を受けた時に「全損と分損」のように2つに振り分けられ、〈分損〉は修理費が保険内でおさまる事を指し〈全損〉とは修復のお金が保険金の額を超えてしまう場合を表現します。

通常、修復で全損というと車の心臓、エンジンに修復できない打撃が起こったり、自動車の骨格がいびつになっていて修理が不可能な場合、リユースか廃棄と判断されるのが当たり前です。

けれど、自動車の事故で修理業者や車の保険屋さんがそのような修復費を予測した際にどんなに見かけがちゃんとしていて修理が可能な状態でも修理費が補償よりも大きければそもそもなんで保険にお金を払っているのか分からなくなってしまいます。

そういうときには、《全損》と考えてマイカーの権利を自動車保険の会社へ譲渡し保険金額を貰うシステムとなっています。

もちろんかなりの期間乗った愛車で思い入れがあり自腹で直してでも運転したいとおっしゃる方はかなりいるので場面によって保険会社と話し合うといいでしょう。

そして、 自動車任意保険の種類に応じてそのような事態が考えられていて特約等の【全損】の時のために特約が設けられている状態がたくさんあり、万が一自動車が《全損》なってしまっても新車購入など費用を多少なりとももってくれるサービスも実在したりします。

なお盗まれた場合の補償金の特約をつけるならば、盗難被害にあった自動車が見つからない際でも【全損】となり補償金が払われるようになります。